小学生のための通信教育とは

Sponsored Link

小学生の通信教育は、塾やお稽古・学校の勉強等とどの様に異なるのでしょう。
その特性と目的を探ってみましょう。

小学生の通信教育は、自ら考え、学びんで、
それを表現することができたら
、本物の力になっていくでしょう。

pmza706.jpg

塾やお稽古・学校の勉強等と異なり、
小学生の通信教育は自分のペースで受動的ではなく、
能動的に学習しなくてはなりません。

これは大人になったときにも、とても大切な事で、
社会に出て行くためには受身ばかりでは本人が困ったことになります。

自分から決断すること!そしてその決断したことに責任を持つこと!
こういったスキルを磨くには、
小学生の通信教育はいちばん効果的かと思われます。

しかし親にとっても子にとっても簡単なこと(続けていくこと)ではないので、
ひとりだけではなく赤ペン先生や、学習以外での質問コーナー・
おたよりや自由に描いた絵などの投稿コーナーなど、
サポートも充実している小学生の通信教育が増えてきています。

郵送に限らず、インターネットでの対応なども充実しており、
進化の度合いは眼を見張るものがあります。

ですが、情報が増えた分、親としては安心な面と心配な面が共存している。
といっても過言ではないでしょう。

Sponsored Link