定期テスト

Sponsored Link

小学生の通信教育には「定期テスト」が設定されているケースが多いです。

小学生の通信教育の学習の流れとしましては

  1. 毎日のテキスト
  2. 問題集にチャレンジ!
  3. 添削指導員によって指導と添削してもらい
  4. 定期的なテストを受けて確認

といったものが一般的です。

その為に『チャレンジテスト』といわれるものや
『漢字ブック』等の様々なものが、用意されています。

今の学年で身につけなければならない
読み書き・漢字・算数の基礎や応用を毎月行われる定期テストを受けて、
どこまでわかっているか?弱点はどこらへんなのか?
といった事を明らかにし、克服していきます。

そして言語・読解・表現、数・量・図形の知識などの
発展的な問題にも取り組んでいき、
あらゆる思考力も高めていきます。

pmza477.jpg

小学生の通信教育によっては、
添削テストを提出すると、ポイントシールがついて、
そのポイントをためると、素敵な商品と交換できたり、
パソコン系・ネット系小学生通信教育ですと、
ポイントの変わりにお金(呼び名は様々ですが)やコインが
貯められたりするものもあります。

塾でもポイント制のところは多いようで、
やはりこどもにとってのご褒美は重要不可欠なようですね。

家でも効果的なご褒美を常に考えなければいけませんね。

また子供のやる気をさらに引き出すキャラクターから
お手紙も届く小学生通信教育もあるそうです。

低学年のうちは、この様なきっかけが
長続きの条件になったりするかもしれません。

Sponsored Link