入試対策

Sponsored Link

中学入試を考えるかどうかで、
小学生の通信教育の選択基準が変わってくると思います。

受験すると決めるべき最終タイミングはいつでしょう?

合格するにはそれに応じた準備が必要になってきます。
私立中学校、国立中学校、公立中高一貫校は、
学力試験や運動力試験などがあります。

だいたい6年生の夏以降に書類関連を作成しますが、
小学生の通信教育においては、
やはり3~4年生位にはどういった進路を選ぶか、
決めた方がいいでしょう。

pmza525.jpg

志望校選択については、学校側はあらゆる機会で行事を行っていますので
積極的に参加してみましょう。

運動会・体育大会 ・文化祭 ・オープンスクール
体験授業・学校説明会・個別相談会 ・各種行事

学校以外でも 所属私学団体や進学塾主催の合同説明会も行われます。

そのほか受験雑誌記事や
広告・受験案内の専門書籍・進学実績データなども活用できます。

このほかにも、男女校か共学校か(共学でも別学制もあります)また
伝統校か新興校なのか 高校まであるのか、

内進要項や外部募集の有る無し、大学付属校か 宗教系校か 系列学
校は? 父母の参加行事は?などなど

選択肢は様々です。
情報収集やそのための準備は早いにこしたことなさそうですね。

Sponsored Link