中高一貫校

Sponsored Link

小学生の通信教育を選択されるご家庭で、
中高一貫校をご希望される方も多いと思います。

なぜなら中高一貫校が、
進学実績において成功したとも言われているからです。

学校教育の成果を進学実績だけでは決め付けられませんが、

東大の「学生生活実態調査」によりますと、
東大生の出身高校は、私立と国立の中高一貫校の出身者が
約62%を占めている
ようです。

pmza469.jpg

ゆとり教育が施行され公立校は学習内容を削減しましたが、
多くの私立は今までと変わらない教育方針を続けていたために、
公立と私立の学習内容に差がつき始めました。

その公立高校の問題をなんとか解決しようとしたのが、
中高一貫校なのです。

中高一貫校の特色としましては、中学高校の体系的な学習。
高校入試から解放されてゆとりある学校生活。
一生涯をとうして付き合える人間関係を築ける

といったメリットがあるかと思われます。

倍率の高い学校では、書類審査と適性審査の2種類があります。
書類審査を通過しなければ、適性審査も受けられませんので、
4年生頃には進路を決定した方が無難といえるでしょう。

又、ゆとり教育の見直しが今度は、
中高一貫校の中学入試の激化といった心配もされ始めています。

学校教育も激動の時代ですから親も子も振り回されないよう
しっかりと小学生の通信教育も選びたいものです。

Sponsored Link