公立小学校の教育への不安

Sponsored Link

公立の小学校では、
学習指導要領に基づいた教育を行なわなければなりません。

公務員である先生の身分保障のために、
塾の先生のように能力主義とはいかず、
そのために学力低下に対する不安の声が後を絶ちません。

また、教育にさほど関心のない家庭の児童・生徒も存在し、
私立学校とは異なり問題のある生徒を
停学や退学させることができません。

その為か学級崩壊やいじめなどが発生しやすい
と言われているのも事実です。

こういった問題を避けるために、
国立又は私立に入学するための小学校受験や
中学受験を希望 する家庭も増えていますが、
地域格差もありますので一概には決め付けられません。

プラチェーン

また公立小学校では、学費の負担が少く時間的に余裕があることから、
お稽古事や塾・小学生の通信教育等にかける割合が
高くなっている
との報告もあるようです。

公立派か私立派かは、その家庭の考え方によりますが、
公立の中高一貫校などの選択肢も増えてきている激動の昨今、

いずれの学校に通う生徒も学校の教育だけにとどまらず、
家庭での学習=塾や小学生の通信教育等に比重が置かれ
今後さらに、拡大してゆくのは予想のつくところです。

また、地域の学校の場をかりた、民間塾の夜間の営業も検討されるなど、
賛否両論の意見がでている地域も出てきています。

Sponsored Link