小学校は荒れている?

Sponsored Link

今、日本の子どもの教育はいったいどうなっているのでしょうか?
これはお子さんを持つ多くの親御さんの重大な関心事ですよね。

学級崩壊や学校崩壊という言葉が氾濫し、
昔の子供達が学校の中の存在だとしたら、
今の子供達は、学校の外の存在ともいわれており、

いろいろな人と出会う自由や、
インターネットや塾やお稽古事・小学生の通信教育などを通して
情報量も増えましたが、

かたや学校における、いじめなども増加しているのは
悲しいですが事実なようです。

pmza85.jpg

又小学校では、そのいじめに関しての2次障害とも言える
後遺症に対するシステムが確立されていないのが現実です。

一昔前ではわからなかった
ADHG(多動性注意欠陥障害他)やLD(学習障害)という診断をされた
子ども達の対応やクラスメートとしての一緒に学習する方法の模索。

まわりの不理解による排除傾向など課題は山積みです。

特別支援プログラムという制度も発足したばかりで
親の不安は増すばかり。

他にも引きこもり現象などなど。

カウンセラーには信頼できる人が少ないといったイメージも強く
信頼感を生むカウンセリングとソーシャルワークが必要視されるところです。

教師の崩壊や事件後の子どもたちに精神的ケアといった問題も
叫ばれています。

Sponsored Link