小学生の通信教育だと子供の負担が軽減されます。

Sponsored Link

学校以外での塾や小学生の通信教育での
学習による子供の負担を考えてみましょう。

たとえば中学受験を希望したお子さんの場合は、
それらに対応した塾の教室は、
だいたい小4からとなっていて、
週に2~5回通わなければなりません。
(高学年ともなると、土日も特訓などでつぶれる場合があります。)

行きや帰りの時間も含めると
時間的な制限はかなり多くなってしまい、
遊ぶ時間は、ほとんどなくなってしまうことでしょう。

そしてまた、塾によっては、テストの点数で
クラスや座席が決まることがあります。

子供によっては、そういったことが
精神的なプレッシャーになることも多々あります。

そしてその反動から、
中学に入ってしまうと勉強がおろそかになってしまう子も
少なくないそうです。

しかし、塾に比べると小学生の通信教育では、
そういったプレッシャーは殆どないといってもいいでしょう。

pmza93.jpg

しかし、自分ひとりでも毎日きちんと継続するといった
強靭な意志が必要になってきます。

逆にいえば、通信教育がひとりでもしっかりできるようになれば、
強い意思が養われるのことになるのです。

この意志の強さは
学習以外の面でも大いに活躍するはずですし、
中学校になってから強い武器になることでしょう。

塾にするか通信教育にするか、
どちらを選ぶにしてもメリット・デメリットを十分吟味し、
どちらを選ぶほうが
自分の子供が一番能力を発揮しやすいのかを考えて慎重に選択する必要があります。

Sponsored Link