Sponsored Link

月刊 小学 ポピー|さんけんしゃ|全家研~小学生 通信教育

通信教育教材「月刊 小学 ポピー」。
一日10分~15分程度でできる内容なので、忙しいお子様にぴったり!
余計な付録がなく、とてもシンプルな教材で、
その分、お値段もお得で家計に優しい小学生の通信教育教材です。

 

「月刊 小学 ポピー|さんけんしゃ|全家研~小学生 通信教育」の続きを読む…

小学校 英語 必修化 どうしよう?家庭でできることは?

ゆとり教育が終わり、
2011年よりついに「英語」小学生5、6年生を対象に必修化されました。

英語 必修化 授業

2年間で、約300弱の英単語と
中学1年生のレベルの50程度の表現を学び、
英語を使って遊んだり、自己紹介できるレベルを目指すようです。

文法や書き取りなどは教えず、
聞き取りや会話が中心となるので、

早いうちから、家庭で英語にふれられる
環境を作っておくことが大事です。

とはいっても、
ヒアリングとスピーキングの力をつけるために、
家庭で英語をなるべく使うようにして生活するというのは
あまり現実的ではないですよね・・・。

英会話教室に通わせるという手もありますが、
週に1回、数十分程度の学習ではなかなか
しっかりとしたヒアリング力は身に付きません。

そんな時にオススメなのが、
あのプロゴルファーの石川遼君が学んでいることで有名な
スピードラーニング ジュニア
です。

1日1回、聞き流すだけの手軽さなので、
お子さんが宿題をやる時間や
食事中などにBGMとしてかけてあげるだけで、
英語耳が養われます。

宿題しながらスピードラーニング ジュニア

ただ聞くだけで、
英語の特別な勉強をすることは一切ないので、
親も子供も気軽にトライできます。

対象年齢は10歳からですが、
聞き流すだけなので、
低学年のお子さんにも十分対応できます。

小学校の英語 必修化にどうしようと悩まれているかたは、
多いと思います。

早めに家庭で英語環境を作ってあげてください。
スピードラーニング ジュニア 実践中

教材に関する詳しい情報は公式ページでご確認ください。
『スピードラーニング・ジュニア』

ちなみに我が家では娘が3歳から実践しています。

小学校の英語必修化ですが、
2020年より 小3から必修化、

そして、小5から教科化されることが決まりました。

「必修化」は小学校の「道徳」や「書道」などの授業のように
成績表には関係ありませんが、
「教科化」となると話が違ってきます。

こちら、成績表(あゆみ)で評価されてしまうのです。

公立中高一貫校をめざすご家庭にとっては、
とても重要な科目になりますし、

最近は私立の中学受験でも
「英語」の試験を実施する中学校も増えてきています。

早め早めの取組がますます必要になってきています。

ソニー エクスプローラサイエンス へ行こう!

小学生の通信教育以外に更に役立ちそうなのがスポットが
「体験」と「発見」をキーワードにソニーがプロデュースする
「サイエンスミュージアム」、
ソニー エクスプローラサイエンス Sony ExploraScience です。
ソニーの最新デジタル技術が体験できます。

「ソニー エクスプローラサイエンス へ行こう!」の続きを読む…

スピードラーニング ジュニア で10歳からの英語耳~小学生 英語 通信教育

通信教育をしている時間を上手に利用して、
BGMとして英語を聞きながしながら、英語耳づくりをしませんか?

エスプリラインの「スピードラーニング」は、
ご存知の方も多いと思うのですが、
受講者100万人、20年以上の実績をもつ、
聞き流すだけの大人向け教材ですが、

実は、あまり知られていないのですが、
10歳~15歳向けの
「ジュニアコース」
が存在します。

英語耳君

スピードラーニングの基本的な使用方法は
ただ聞き流すだけ!

1日5分からでもOKですので、
気楽に取り組めます。

既に英会話スクールなどに通っている方も、
週1~2回の「英会話」スクールだけではとても英語力が身につかない
ということから、

外では英会話スクール、
家庭ではスピードラーニングと
併用されている方も多いそうです。

通信教育をする合間にちょっとスイッチを押すだけで、
英語が大好きな子供に育ちます^^
『スピードラーニング・ジュニア』
興味がある方は、公式ページを参照してみてください。

フラムキッズで9歳までの多言語耳づくり

小学生で通信教育に取り組む時間に、
BGMついでに、ちょっとしたエッセンスを加えてみませんか?

 

10歳未満の子供が対象の多言語教材、フラムキッズ
をご存じでしょうか?

右脳教育の世界では、
3歳までの教育が、その後の人生の80%を決めてしまうと言われています。
(※右脳教育の世界=0~6歳:脳は右脳から発達
7歳以上:だんだんと左脳に移る)

残りの脳の20%は個人差がありますが、
だいたい3歳~9歳に決まると言われています。

10歳をすぎてしまうと、
左脳中心になってしまい、
本能的・直観的・感覚的に学ぶことができなくなってしまうのです。

英語耳君

ですので、言語教育で言えば、
「日本語」という言葉の音のパターンが完全に頭の中にできあがってしまい、
耳が「日本語」に慣れ固まってしまう9歳までに、

英語のみならず、多くの言語の音(周波数)に触れておくと、

その言語の耳になることができ、
後になって多言語の習得がとてもとても楽になるのです。

フラムキッズは、
「日本語耳になってしまう前に多言語の耳になってしまおう!」
という国内では大変珍しい教材なのです。

フラムキッズの内容は、

●フラムキッズ1→英語・フランス語・中国語・イタリア語・スペイン語
●フラムキッズ2→韓国語・ロシア語・ドイツ語・ポルトガル語・タイ語

の2種類です。

これから「アジアの時代」が来ることは間違いないと思うので、
英語だけでなく、中国語や韓国語の音感を身につけておくと、
いつか必ず子供の役に立つと思います。

きっと、私達の子供が大きくなる頃は、
英語は話せてあたりまえの時代がくるでしょう。

「他に何ヶ国語が話せるの?」という時代が来るでしょう。

フラムキッズのような教材は、
これから必ず増えていくのではないかと思います。

が、まだまだ世にほとんど知られていないのが現実です。

お子さんが、10歳未満なら、今がチャンスです!

将来のために、多言語耳を育ててあげましょう。

ちなみに、フラムキッズには、フラムキッズ1とフラムキッズ2がありますが、
私のオススメはロシア語が収録されたフラムキッズ2です。

ロシア語は、最も周波数が高い言葉ですので、
「多言語耳を作る」にはフラムキッズ2の方が効果が高いと思われます。

※フラムキッズの効果については、
製作者の成瀬さんが熱く語ってらっしゃいますので、
詳細については
公式HP→フラムキッズ公式ホームページ
で確認してください。

天神 |タオ~パソコン教材~小学生 通信教育

★アグネスチャンさんのCMでおなじみのタオの天神
他の通信教材の一歩先をいく、パソコン教材で、しかも教科書準拠!
紙配信の通信教材のように次号を待つ必要がなく、
どんどん先に進んでいけます。
お子さんの勉強を強力サポートしてくれます。

「天神 |タオ~パソコン教材~小学生 通信教育」の続きを読む…

進研ゼミ 小学講座|ベネッセ~小学生 通信教育

★幼児教材「こどもちゃれんじ」(しまじろう)から継続される家庭も多く、
小学一年生用の「チャンレンジ一年生」(コラショ)をはじめ、
多くの子供達に愛されています。
なんと小学生の約 5人に1人に選ばれているそうです。

 

「進研ゼミ 小学講座|ベネッセ~小学生 通信教育」の続きを読む…

家庭学習サービス ワオスタディー|ワオ・コーポレーション~小学生 通信教育

家庭学習サービスワオスタディー』は、
パソコンとプリンター、そしてデジタルペンを使って学んでいきます。
プリントアウトした「プリント」をデジタルペンで解くと、あら不思議。
データー化され、担任の元に届きます、
提出した翌日には、添削された回答が返ってくるという
画期的なシステムを採用しています!!

「家庭学習サービス ワオスタディー|ワオ・コーポレーション~小学生 通信教育」の続きを読む…

ピグマキッズくらぶ|サピックス(SAPIX)の通信教育

★難関私立校向けの中学受験塾で圧倒的な人気を誇るサピックス(SAPIX)の
通信教育講座です。
4年生までというのが大きな特徴。
おそらく5年生以降は、
「サピックスに通学してください」ということかと・・・。

 

「ピグマキッズくらぶ|サピックス(SAPIX)の通信教育」の続きを読む…

母として思うこと・・・。

小学生の通信教育学習を考える上で、
さまざまな事例をあげてまいりましたが、
情報が氾濫する昨今、
一体何がわが子に適しているのか?

第1子であれば、親も子も初めてで迷うのは当然です。
(もちろん第2子・第3子だって、それぞれ違うわけですから、また悩みますけどね。)

トライ&エラーは多少は仕方ありませんが、
もし受験などを希望した場合は、
エラーは許されません。

その子の特性、親の希望、おかれている環境を充分吟味し、
小学生の通信教育を選んで与えてあげることが、
親のしてあげられること。

あとは本人の努力。
失敗したときトラウマにならないように、
うまく引率してあげれれば…
正直2~3年生までは、親でも一緒に考えてあげられますが、
やる気にさせる!といった点においては、
どのご家庭でも苦労されている点だと思います。

学習内容は、学校の先生・塾の先生・小学生の通信教育の赤ペン先生などにお願いして、
親は励まし、理解し、なだめて、疲れたら甘えさせてあげて、
その子ならではの良い点と悪い点を見極め、
見守ってあげるしかないのかな。

先生達には出来ない点をフォローしてあげるしかないのかな?
とも感じています。

偏差値だけで判断しないのが親ですから。

子供と一緒に泣き笑いし成長できれば、いいのかな。

「ゆとり教育」にさようなら・・・。

ゆとり教育とは、勉強する子供たちが、詰め込みによる焦燥感
(=焦りやイライラ感、不安の原因や問題がわかっているが、
理由のない不安な気持ち)

を感じさせないように子供たちが、
のびのびとさまざまな能力を伸張させてあげる教育理念のこと、とあります。

「「ゆとり教育」にさようなら・・・。」の続きを読む…