サポート

小学生の通信教育でのサポートはどのようなものがあるのでしょうか?

たとえば担任の先生が一人ひとりの個性を重んじて
「個人内評価」といったしくみを導入いるところもあります。

その時々の子発達の状況と学力や表現力などの発達状況を
保護者の方に報告してくれます。

そしてそれらを踏まえた学習指針を提供してくれる。
といったサポートもあるようです。

pmza473.jpg

直接お互いが、見えない小学生の通信教育だからこそ、
子供の一人ひとりときちんと向き合った指導することが最も重要であり、

学年の終わりまで責任をもって個別指導することが
何より大切になってきます。

小学生の通信教育の個別指導担当者は、
一年間を通して同じ先生のところもありますが、
不定期にかわってしまうところもありますので注意が必要です。

また毎月の添削以外にもその子の成長のようすを、
具体的に伝えてくれたり、アドバイスしてくれるところもあります。

学力や発達状況そしてその子の特徴をきちんと把握しながら、
子供と保護者と先生で頑張っていく小学生の通信教育サポートです。

ご両親から認めてもらったり、
励ましてもらうことで、
子どもたちは自分自身に自信をもち、
それを、学ぶというフィールドで力を発揮していきます。

保護者の方々へのアドバイスと、
小学生の通信教育の先生からの学習サポートは、
自宅で学習で、親子の相互理解と信頼感やコミュニケーションなどを
深めることが可能になってきます。



コメントは受け付けていません。