家庭内での環境を整える

小学生の通信教育を継続させるポイントのひとつに 家庭内での環境を整えるといったことがあります。 小学生の通信教育に限らず、 学校生活やアフタースクール他、 子供の人格形成に深く関わってきます。 まず 早寝早起き 次の日の準備は、その日のうちにすませておく! そうすれば、朝あわてることもなく、 忘れ物も少なくなるはずです。 持ち物をきちんと確かめ、そ

続きを読む

通信教育の取り組みの時間を決める

小学生の通信教育を継続させるポイントで、取り組みの時間を決めることも大切です。 とかく忙しい小学生ですが、 習慣化できれば、持続力はつきます。 (条件反射ですかね?) たとえば見たいTVの前の30分前に終わらせる。など。 高学年になってくると、自分でタイムスケジュールを作り、 管理したりできるようになりますが、 (出来た!出来なかった。と感じるだけでもOK!)

続きを読む

子供ときちんと約束をかわす

小学生の通信教育に限らず、子供との約束はとても大切です。 些細なことや、何年前のこと?といった約束も 子供はきちんと覚えています。 親がうっかり忘れてしまった約束。 だましだまし、とぼけている約束。 子供はしっかりみています。 小学生の通信教育をきちんと継続させるためには、 ちゃんとした約束が必要です。 親子で決めたタイムスケジュールが守れなかったとき。

続きを読む

親子でいっしょに

低学年のうちは特に、小学生の通信教育は、 親子で一緒に取り組む場面が多いものです。 高学年になれば、 自分で小学生の通信教育を選んだり、 変更したり、といったこともできますが、 最初のうちは、どこの小学生の通信教育がいいのやら? 低学年のうちの小学生の通信教育選びは親の仕事です。 また最初の1~2年は親も一緒にとり組まなければならないでしょう。 塾と違っ

続きを読む