小学生のための通信教育とは

小学生の通信教育は、塾やお稽古・学校の勉強等とどの様に異なるのでしょう。 その特性と目的を探ってみましょう。 小学生の通信教育は、自ら考え、学びんで、 それを表現することができたら、本物の力になっていくでしょう。 塾やお稽古・学校の勉強等と異なり、 小学生の通信教育は自分のペースで受動的ではなく、 能動的に学習しなくてはなりません。 これは大人になったとき

続きを読む

添削系 小学生 通信教育

小学生の通信教育で添削系と呼ばれるものがあります。 内容は教材によってさまざさですが、 月に大体1~3・4枚の回答用紙に対し 添削をして返してくれるというもの。 その種類には、 個々の答案に合わせた指導を徹底していたり、 生徒とのコミュニケーションに重きを置いたもの「教科書にあわせたコース」と 「応用力(発展、記述問題)」の2レベルから選択可能なものもあります。

続きを読む

赤ペン先生・通信教育添削指導員

通信教育では、送った回答に赤ペンで採点やコメントを入れる作業を行う人 =添削指導員 は「赤ペン先生」とよばれることが多いですが、 「赤ペン先生」という言葉は、ベネッセの「進研ゼミ」から生まれた言葉で、 登録商標のようです。 ちなみにZ会では「てんさく先生」と呼ばれているようです。 「ドラゼミ」などにも別名があるのかもしれませんね。笑 それでは、小学生 通信教育の理想的な

続きを読む

個別アドバイスシステム

小学生の通信教育において個別アドバイスというシステムを導入している 小学生の通信教育があります。 勉強って何から始めたらいいの? 自分のペースにあわせて勉強できたら 苦手な教科中心に克服したい。 などの、わからないといった事を、そのままにしておかず、 最後まで、確実に自分のものにする。 小学生の通信教育の個別アドバイスは、 その子供一人ひとりに合わせたきめ細やか

続きを読む

パソコン系 小学生 通信教育

小学生の通信教育でパソコン系と呼ばれるものがあります。 その名のとおりパソコンを使ったもので、 DVDやCD-ROMが毎月送られてくるものや、 インターネットや、ウエッブカメラ・メールを使ったものまで様々です。 定期的に行われるテストの範囲から試験予想問題を解いたり、 過去の入試問題に挑戦できたり、 全教科・学年の問題が、自宅のプリンターでカラー印刷できたりします。

続きを読む

サポート

小学生の通信教育でのサポートはどのようなものがあるのでしょうか? たとえば担任の先生が一人ひとりの個性を重んじて 「個人内評価」といったしくみを導入いるところもあります。 その時々の子発達の状況と学力や表現力などの発達状況を 保護者の方に報告してくれます。 そしてそれらを踏まえた学習指針を提供してくれる。 といったサポートもあるようです。 直接お互いが

続きを読む

定期テスト

小学生の通信教育には「定期テスト」が設定されているケースが多いです。 小学生の通信教育の学習の流れとしましては 毎日のテキスト 問題集にチャレンジ! 添削指導員によって指導と添削してもらい 定期的なテストを受けて確認 といったものが一般的です。 その為に『チャレンジテスト』といわれるものや 『漢字ブック』等の様々なものが、用意されています。 今

続きを読む